グルコサミンはアレルギーに注意

グルコサミンサプリと合わせて飲んでもいい?精力減退に悩んでいる方と軟骨の弱体化に悩んでいる方の年齢層が重なっていることは多く、グルコサミンサプリを飲んでいながらも増大サプリも飲もうとする人は意外と多いものです。

多くの場合、グルコサミンサプリはサメの軟骨やドロマイト、コンドロイチンなどが含まれていて、甲殻類アレルギーのある人はこれらのグルコサミンサプリは飲まないほうが良いでしょう。

また、精力剤、増大サプリに稀に含まれているサソリ末のようなものは甲殻類の成分とも似たようなものなので、グルコサミンサプリが飲めない人は増大サプリも飲めない可能性があります。増大サプリに比べるとグルコサミンサプリの方がアレルギーを起こす確率が多く、合わせて飲む場合には注意が必要です。

また、グルコサミンサプリにビタミン、ミネラルが含まれている場合はその成分量をチェックして、増大サプリと合わせて過剰摂取にならないようにしましょう。

サプリに頼るすぎるのは良くない

サプリメントにはセラックやプルランといった成分、ゼラチンなどのアレルギー源になりうる成分が含まれています。

1日にたくさんのサプリメントを摂取すると、少量では反応しないアレルギー反応が出る可能性があるため、1日に10粒も20粒もサプリメントを飲む場合には、添加物の慢性的な摂取による健康被害が出る可能性があるため、できるだけ成分濃度が濃く、成分数の多いサプリメントを選んだほうが無難です。

複数のサプリメントに分けて飲むことで、摂取できる栄養素は当然増やせますが、カプセル素材の余分な添加物が増えるのは良くないことなので、注意しましょう。

食事を中心にしていこう

鶏の軟骨や牡蠣など、栄養を多く含んでいる食材を日頃から摂取するようにすることで、その不足する栄養素の全てをサプリメントに頼らなくても済むようになります。

日頃の食事から栄養を摂取したほうが良いのは、カプセルなどのゼラチン成分などが小腸壁にこびりついて代謝能を落とし、栄養吸収効率を下げる可能性があるため、基本は食事をメインにしたほうが体に良いというのは事実です。

カプセルは完全に無害なものとは言い切れないので、日頃の食生活を大切にし、栄養バランスを考えて摂取するようにしましょう。増大サプリは、ペニス増大や射精量増加などに働きかけるため、添加物が多くなるのはできれば避けたいところです。

子作りをするような場合は、精子の活動能力や精子の奇形の存在に関しての研究まではされていない状態なので、精力剤に頼りすぎず、食事からの精力増強をした方が安心です。